本文へスキップ

会長方針POLICY

竜ケ崎ロータリークラブ 2018 - 19年度会長 阿部孝義


 

 本年度RI会長バリーラシン氏は、テーマ「インスピレーションになろう」と提唱されております。ロータリーは奉仕活動を目的とし地域の為、人類の為、世界平和を目指すことでロータリー活動を理解する事だと思います。ロータリーの奉仕は人々の人生、そして地域社会での役割をしっかりとらえて公共イメージ、メディアを活用して会員基盤を築き奉仕活動に注目してもらい今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲あるクラブ、地域社会、組織全体からひきだすためのインスピレーションとなる必要があるのでです。私は、RI会長、高橋ガバナーの目標を取り入れ一年間クラブ会員と共に運営を考えております。
 そして、5つの方針、計画を立てました。

@会員増強はクラブにとって元気なクラブ作り、ロータリーのイメージ向上につながり
 本年度は最低でも38名会員数を目標とし純増2名にします。
Aポリオ撲滅に協力します。
Bロータリーのイメージとブランド推進、そして31回目を迎えるロータリーカップのPR、
 新たに戦略計画に取り入れた龍ケ崎市の為、市民の為に、一汗をかく社会奉仕事業を
 積極的に行い、新聞や広報誌に載せて竜ヶ崎ロータリークラブのイメージを植えつける
 ことを目指します。今期は国内奉仕、海外奉仕を実行します。
C青少年への支援や学友連携をしていきます。
Dロータリー財団、ポリオ撲滅活動に積極的に参加し、ベネファクターを必ず出します。
 米山奨学会への普通寄付、特別寄付、例年以上に頑張ります。
 米山奨学生には日本の思い出を沢山作ってあげて卒業させたいです。

 今年は、丁度60年という歴史と伝統ある竜ヶ崎RCの会長という責務を与えて頂き大変光栄に思います。この一年間自分なりにできる事を一生懸命頑張っていきたいと思っております。小島幹事、滝澤SAAと共に、クラブの為、また自分を成長させて頂いた竜ヶ崎RCへの恩返しの意味でも努力させて頂きます。
 会員の皆様のご協力、ご指導をお願い致します。

しくお願い申し上げます。

 
















例会のご案内

例会場
常陽銀行 竜崎支店2F
龍ケ崎市横町4209

例会日
火曜日 12:30〜13:30